フラッシュ脱毛の施術後のケアと注意

フラッシュ脱毛の施術を行うサロンやクリニックでは、肌の知識や脱毛の技術を得ている専門のスタッフによって施術が行われるため、お肌に影響がないよう十分注意して脱毛していきます。
しかし、フラッシュ脱毛後の注意点を守らないと、炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

では、フラッシュ脱毛後の注意点はどんな事があるのでしょう。

フラッシュ脱毛をした当日は、入浴はできるだけ避けるようにしましょう。
汗を流すくらいのシャワーであれば大丈夫ですが、ボディーソープや石鹸で施術部分を洗うのも刺激が強く、炎症する可能性があるのです。

フラッシュ脱毛後、毛母細胞が死滅して自然とムダ毛が抜けていきます。
しかし、1ヶ月くらい経過するとヘアサイクルによって、残っている毛母細胞が新しい毛を作りムダ毛が生えてきます。
毛母細胞は何層にもなっていることから、1回の施術では毛に一番近い1層しか死滅しないので、2〜3ヶ月おきに繰り返し施術して、全部の毛母細胞が死滅したら完了となるのです。
その期間に生えてきたムダ毛は施術前の毛にくらべると細いのですが、抜いてしまうと太い毛が生えるようになってしまうので、処理するときは電気シェーバーや剃刀で剃るようにします。

フラッシュ脱毛を受けている期間は、肌に強い刺激を与えてしまわないように注意しましょう。
直射日光が当たると、紫外線の影響で炎症を起こしてしまうこともあります。
さらに、次回の施術を行うときに、肌が日焼けして肌色が濃くなっていると、フラッシュライトが日焼け部分に反応して火傷や炎症を起こす可能性も高まります。

フラッシュ脱毛後の注意点をしっかり守ることで、脱毛の効率をアップして炎症などのトラブルを回避できるようになるのですね。

コメント